レースゲージは現場のエンジニアのアイデア、要望から生まれた新しいアライメント測定器

レースゲージは、現場のエンジニアのアイデア、要望から生まれた新しいアライメント測定器です。ローダウン等で変化したサスペンションアーム角、キングピン角に対するジオメトリーを把握し、適切なアライメントへ導くために開発されました。

これまでのホイールアライメントは、1G状態(無負荷状態)を測定・調整し、直進状態を基準とします。しかし、モータースポーツにおいて直進状態となるのは短時間で、ほとんどが旋回・加速・減速をしている状態です。そのため、常に複数のG(フォース)が発生し、サスペンションは伸縮を繰り返し、アライメントは常に変化します。

レースゲージのダミーホイール式アライメントゲージは、サスペンションの伸縮、車両の荷重移動の状態をガレージ内で再現し、走行中のアライメント数値を調べるだけではなく、ステアリングを操作した状態(操舵中)のアライメントを測定することを可能としています。【特許出願中】

また、改造範囲の少ない市販車を用いたワンメイク車両では、ブッシュの偏心、オフセットなどで起こるジオメトリーを把握し、適切なアライメントへ導くことが可能です。

事故による損傷の判断が可能になるだけでなく、各部品の組み付け誤差、ガタツキによる左右差を均一化することも可能にしています。

ステアリングを右に切った時と、左に切った時のアライメント変化は同一ですか?

この問いに、自信を持って「問題ありません」と答えられる方はどれほどいるでしょうか。

サスペンションは、各アーム同士の支点間が接続され、一体となっています。例えば、ストラットとハブの取り付けポイントのガタによる左右差や、メンバーとボルトの取り付け穴のガタによる左右差。このように、新車であっても、取付け穴のガタによる僅かな左右差は存在しています。

一般的な4輪アライメントテスターは、サスペンションのアームの曲がり、ナックルの曲がり、メンバーの曲がりなどで、大きな左右差が起こっているものを判定できますが、競技車両のように操舵角が小さい車、特にサーキットを走行するような車の場合、小さな左右差は通常、測定誤差の範囲で検出されません。

また、ドリフト車両など、大掛かりにサスペンションを改造された車の場合は、アライメントの動きが一般車と大きく異なるため、判定エラーとなり、測定も困難となります。

このような場合でも、レースゲージのダミーホイール式アライメントゲージは小さな左右差を判定することが可能です。

レースゲージはレースの現場で生まれました

レーシングエンジニアの現場では、4輪の輪荷重(コーナーウエイト)を測定し、マシン管理をすることが常識となっています。4輪のタイヤに均一の荷重がかかるよう、車高のずれ、機能部品のテンションを管理し、繊細にマシンの状態を測定・管理し、的確に調整することで、限られた走行時間でのマシンセットアップを可能にしています。

ただし、これはサスペンションに異常がなく、設計どおりに正しく作動することを前提とします。では、異常のないことをどのように確認すればいいのでしょうか。

レースゲージを用いることで、サスペンションアームの曲がり、取り付けのガタ、その他、様々な要因で起こっている異常を見つけることができます。直進状態では見つけられない左右差を、操舵状態を測定することで発見し、最適なセットアップのための糸口を見つけ出すことを可能とします。

繊細なモータースポーツの現場から生まれた測定器、それがレースゲージです。

モータースポーツの現場から生まれたアライメント測定器