レースゲージ スタンダードトー

製品のCG画像は説明のため着色表示しておりますが、製品はアルミ素地となります。

特徴

アルミ製で軽量な、ホイール接点式レーザートーインゲージです。
日中でも見やすく安全な赤色レーザーポインター(クラス2)を採用しました。
日本国内で製造しています。

  • 素材の多くをアルミ製とすることで軽量化を実現。携帯性に優れ、サーキットやレースの現場で活躍します。
  • 各部品をマシニング加工することにより、高精度を担保しています。
  • 測定子はアルミ製とし、ホイールへのダメージを軽減しています。
  • 日本国内で製造していますので、補修部品の安定供給が可能です。
  • 測定表示部は、指示針(赤色)と、表示盤(黒色に白字)により視認性を確保し、誤計測を防止しています。
  • エアロバンパー対応

測定装置(レーザー発光部と反射鏡)は、ダミーホイール式レースゲージに付け替えて使用できるため、別途購入する必要がありません。

スペック

スイッチ
オルタネートタイプ(プッシュON/OFF)

レーザー
赤色レーザー(クラス2)

電源
単3乾電池2本

測定子高さ(地面より)
MIN 約203mm
MAX 約378mm

測定子幅
MAX 約700mm

角度目盛り
±7度
最小目盛り 10分(1/6度)

測定方法

  • 測定子をホイル幅に合わせます。
  • 対するトーゲージの測定子を、①の幅に合わせます。
  • キャリブレーション(ゼロ点)確認を行います。
  • 車両にセットし、トーを測定します。

測定精度と測定環境について

簡易トーゲージは、トー角を測定しますが、正確な測定には、車両が水平かつトーゲージも水平となることが必要条件です。レベル定盤に車両をセットし、水平を担保していても、トーゲージが水平を担保していなければ、正確な測定は出来ません。

理由

タイヤ(ホイル)には、トー方向、キャンバー方向の角度が存在しているため、車と測定器が水平でなければ、キャンバー方向の角度が介入し、トーのみの測定は行えません。

ワンポイント

簡易トーゲージは、絶対値測定(ダミーホイル式ゲージ:プレミアムアライメント)を行った車両の相対値確認として、レース現場のセッティングツールとして活用が可能です。測定器を、プロアライメント、プレミアムアライメントと併用することが可能です。これには、アルミトーインゲージのフレーム精度が求められます。